FIVBワールドカップバレーボール2019

女子:9/14(土)〜29(日)、男子:10/1(火)〜15(火)

FIVBワールドカップバレーボール2019

トピックス

チュニジアに勝利し2勝1敗で白星先行 ワールドカップ男子

2019.10.04-1-top.jpg ワールドカップ2019男子大会は10月4日(金)、福岡・長野で第3戦を行い、男子日本代表チーム・龍神NIPPONはチュニジアにセットカウント3-0(25-23、25-21、25ー11)で勝利し、2勝1敗としました。

 第1セットはチュニジアの力強い攻撃を防ぎきれず、終盤まで競り合う展開。しかし福澤達哉選手の多彩な攻撃や相手のミスで最後は抜け出し、セットを先取しました。第2セットは序盤に西田有志選手のブロックなどでリードすると、途中出場した柳田将洋主将のスパイクや西田選手の得点で相手の追い上げをかわしセットを連取。第3セットは柳田主将が圧巻の4連続サービスエースを奪うなど流れをものにし、出場した各選手が幅広く活躍してストレートで勝利しました。この日、守備で貢献した古賀太一郎選手も、コートで自身の誕生日の祝福を受けました。

 中垣内祐一監督は「チュニジアはどうしても勝っておきたいチームの一つで、まずはほっとしている。終始リードする展開で、トータルで11のサーブ得点はお客さんの後押しがあったのかな」と試合を振り返りました。

 柳田主将は「ストレートで勝てたことは大きい。今日できたことをこれからもしっかりやっていくことで、今後の対戦相手にもプレッシャーをかけられる。そういう意味では明日につながる試合ができた」と手応えをつかみました。

 次は5日(土)、日本はアメリカと対戦します。既にチケットは完売しました。テレビや会場での応援を引き続きよろしくお願いします。

関連リンク

ワールドカップ2019特設サイト

チケット情報